春日市須玖南の歯科・矯正歯科|フォレスト歯科こども歯科

お子様からお年寄りまで!信頼できる春日市須玖南の歯科・矯正歯科

HOME ≫ 診療案内 ≫

診療案内

治療サイクル

サイクル(治療)
歯には治療サイクルと言われるものがあります。
天然歯が初めて虫歯になってしまった事による最初の治療が始まるところからスタートして、治療を繰り返す度に、神経の処置が必要になったりしてリスクが段々と高くなり、いずれ抜歯に近づいていくというものです。 一度、治療をしてしまった歯は再治療の必要が必ずでてくると言っても言い過ぎではありません。なぜなら人工物に永久のものなどないからです。その再治療への介入のペースが早ければ早い程、前述のサイクルが進んでしまい、抜歯して欠損状態に近づいていく事になります。大きく欠損すれば入れ歯かインプラントの二択です。  
日本の保険制度は誰もが必要最低限の治療を受けることができるので、治療への敷居が低く歯科医院へ通いやすいというメリットもありますが、あくまで必要最低限の治療しか認められていません。そのため治療に使用できる材料や方法も決まっており、精度もあまくなってしまいます。そのリスクから再治療におちいりやすく、一本でも欠損が生じると入れ歯が嫌なら、隣の健全歯を虫歯がなくても削ってブリッジを入れるといった方法しかなくなります。結果、後々その歯もまた悪くなると言った悪循環になっていくものもよく目にします。 不幸にも虫歯や歯周病で治療が必要になってしまった歯を再治療による次のステップに進めない為には、どこかでより高精度で高機能の治療が必要ではないかと考えます。将来の歯の保存を考え、治療に時間と費用を投資できるのであれば自由診療も検討される価値はあるのではないでしょうか。  
昨今、メンテナンスなど予防治療の重要性がうたわれていますが、何よりもまず悪くなりにくい口腔環境にしていった上でのメンテナンスだと思います。歯並びが悪く咬合が最大のリスク因子で、そこを改善できれば将来的に自身の歯で生涯過ごせる可能性が高くなるとしても、保険治療しか選択できなければ歯列矯正はできません。 こういった様々な状態を考慮して、来院された方が選択された様々な治療に対応できるよう、より研鑽と投資をしていきます。

一般歯科

一般歯科

歯は一度削ると二度と元には戻すことはできません。虫歯、歯周病の程度などにより治療内容は多岐にわたります。選択された治療法を可能な限り精度を上げて治療できるよう努力します。

矯正歯科

矯正歯科

自由診療になります。歯並びを治す事により審美も改善しますが、長期的な歯の保全に最も重要な咬み合わせを造るには矯正しかなく、最重要部門になります。

小児歯科

小児歯科

基本的には虫歯治療と歯並びの管理が中心になります。虫歯の治療をしっかり行う事も大事ですが、咬み合わせを構成する大事な時期のため、必要があり希望されればしっかりした矯正治療が行なえることが重要になります。

インプラント

インプラント

不幸にも欠損してしまった場合、長期的に考えると他の歯に迷惑をかけずに補うにはインプラントが第一選択になります。ただし保険外になる為、最適であったとしても全員が選択できないかもしれません。治療にあたっては診断が最も重要になり、処置にも様々な先端機器が必要です。歯科用CT、バリオサージ、インプランター 、オステル、レーザー等が安心安全な治療には欠かせません。またインプラントを維持するためには定期的なメンテナンスをするための来院が必須です。

ホワイトニング

ホワイトニング

天然歯を削ることなく白くしていく治療です。当院ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの二種を準備しています。「短期間に白くしたい」や「より白くしたい」場合はオフィスホワイトニング。「白さを長く保ちたい」場合にはホームホワイトニングといったように希望により使い分けたり併用したりします。

予防歯科

予防歯科

治療が終了したところがゴールではありません。治療した状態を少しでも長く維持するためにはメンテナンスを定期的に行っていくことが重要になります。定期的に来院されることにより、大きく悪くなる前に早く発見できる可能性もあげることで、大きな再治療による介入をなくします。

審美歯科

審美歯科

もちろん健康に生きていくために咀嚼できなければならないので機能的に噛める歯牙が必要ですが、より美しく笑顔で生活していくためには審美的な治療も必要になってきます。健全な歯牙には矯正治療、冠などの治療が必要なところにはセラミックなど種類方法等、様々な治療ができます。審美治療には材質や精度や環境がよくなることにより、より歯が長持ちしやすくなるといった効果もでてきます。

お問い合わせはこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

フォレスト歯科こども歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら