春日市須玖南の歯科・矯正歯科|フォレスト歯科こども歯科

お子様からお年寄りまで!信頼できる春日市須玖南の歯科・矯正歯科

HOME ≫ 矯正治療 ≫

矯正治療

矯正治療について

kyousei

矯正治療を以前されていた方が来院されたとき、がっかりする事がよくあります。費用をかけて治療したにもかかわらず、しっかりとした咬み合わせが構築されてない事が多いからです。ただし上下単独では歯が並んでいるため患者さんは不満を言っているわけではありません、、、。この咬合では将来、歯を失ってしまうかもという状態で終了されていることも多々あります。矯正相談で来院される方のほとんどは見た目を改善したいという気持ちで受診され、咬み合わせの事まで考えてないことがほとんどです。また矯正すれば理想の咬合も当然与えてくれると思っているかもしれませんが、、、。

長期的に安定して、天然歯や補綴物を長持ちさせる咬み合わせにはルールがあります。せっかく費用をかけて矯正するのであれば見ためだけでなく、そういう咬合に出来るだけ近づける治療であるべきだと考えます。

矯正治療は専門性が高いため、それだけを勉強している医師が多く、矯正専門医が虫歯や歯周病の治療は行わないのが一般的です。当院には日本矯正歯科学会の認定医が常勤していますが、矯正だけで全てを仕上げる事が難しい場合や歯周病や虫歯の対応も一般歯科治療担当のドクターが同じ医院内で連携しながら治療出来ることを最大の強みとしています。よくみうけられる、矯正治療中の虫歯などのトラブルが放置されるということも無くします。

治療方法

唇側矯正

唇側矯正(最も一般的な装置)

世界中で最も使用されている矯正装置です。以前と違いブラケットもセラミックを選択できるので目立ちにくくなりました。また他の装置よりも費用を抑えることができます。

裏側矯正

裏側矯正(できるだけ見えない状態で治療したい方)

歯の裏側に矯正装置を付けるため、みえては困るという方はこちらになります。
矯正装置が見えるのが気になって、矯正治療を躊躇されていた方にお勧めします。
唇側矯正と比べると慣れるまで舌に違和感がある、発音しづらいというデメリットはありますが慣れていきます。ご自身の歯牙に合わせて装置を作るオーダーメイド治療になります。

マウスピース矯正

マウスピース型矯正装置(インビザライン ・薬機法対象外)

透明で取り外し可能な新しいアプローチの歯科矯正治療です。
当院では、現在世界100ヵ国以上の国々で提供され、これまでに420万人を超える患者さんが治療を受けられている最も信頼性の高いアライン・テクノロジー社によるインビザラインシステムを採用しています。矯正治療をしていることを周りに気付かれにくく、他の装置より違和感が少ないです。食事や歯磨き時に着脱可能ですが、患者さんの歯並びによっては使用できない場合もあります。

当院では、iTero element5Dを導入しているため口腔内デジタル印象により、従来の型取りが必要なくなり、よりスピーディーに治療を開始することができ、3Dでのシュミレーションにより治療中から治療後までデジタル画像で確認していくことができます。この口腔内スキャナーがあることにより、インビザラインのメリットを最大限に活かすことが可能になりました。


※当クリニックで使用するマウスピース型矯正装置は米アラインテクノロジー社のインビザラインという装置です。このインビザラインは厚生労働省に薬事承認された医療機器ではないので、本サイトではインビザラインのことを「マウスピース型矯正装置(インビザライン ・薬機法対象外)」としています。

日本で薬事法の対象と認められるためには、1) 薬事承認されている材料を使って、2) 日本の国家資格を有する歯科医師か歯科技工士が製作したものか、既製品であればそのものが薬事承認されていなければなりません。

インビザラインの材料であるアライナーシートは薬事承認(承認番号 225ADBZI00001000)されており、口の中に入れても問題ありません。また、インビザラインは既製品でなく、患者さんの治療を担当する日本の国家資格を有する歯科医師がそれぞれの患者さんに合わせてアライナーシートによる歯の移動方法について設計し、米アラインテクノロジー社にオーダーします。この過程はクリンチェックと呼ばれるソフトウェアで行われ、これについても日本において薬事承認(承認番号 23000BZX00197000)されております。しかしながら、オーダー後のアライナーシートは日本の国家資格を持つ歯科医師でも歯科技工士でもないロボットによって海外で製作されるカスタムメイドの装置なので、上記 2)の薬事法上(法律145号)の医療機器にも、歯科技工士法上(法律168号)の矯正装置にも該当しません。

以上の事情から、日本においてインビザラインで治療をする場合、医師はこれらのことを患者に説明し、同意をいただく必要があります。なお、デジタル口腔内スキャナーであるiTero Elementについては薬事承認(承認番号 22099BZX00222000)されております。

子どもの矯正治療

子どもの矯正治療

乳歯が抜けて、永久歯がはえてくると、歯並びがガタガタしてきた。そういった時に子供の将来の為に歯並びはしっかりしておきたいと考えておられる多くの親御さんは歯並びの相談に来られます。その状態や年齢は様々ですが、治療にはより適切な開始時期と方法があります。

あごの骨の成長は、矯正治療で注意して診ていくポイントの一つです。上あごは10歳前後、下あごは身長が急激に伸びる時期に大きくなります。こういった時期にタイミングにあわせて、治療を開始することが治療効果が高くなります。

このまま悪い状態のままではえかわりが終わるまで待っていればより状態が悪くなるといった場合などに始める、乳歯と永久歯が混在している時期の一期治療と言われている子どもの矯正治療は、最終的に良い咬み合わせを作る為の準備にあたるととらえてください。永久歯列になった後、ブラケット等の治療に移行して咬合を仕上げていくのが一般的です。

矯正基本料
カウンセリング 1,100円
検査料 27,500円
診断料 27,500円
こどもの矯正治療
Ⅰ期治療(準備矯正) 308,000円
Ⅱ期治療(準備矯正後の本格矯正) 大人の矯正治療費からⅠ期治療の治療費を引いた金額
大人(中学生以降)の矯正治療(①~⑤から選択)
表側矯正
①クリアシステム 660,000円
②ホワイトシステム 715,000円
裏側矯正
③フルリンガル(上下とも裏側矯正) 968,000円
④ハーフリンガル(上のみ裏側矯正) 858,000円
⑤マウスピース型矯正治療(インビザライン・藥機法対象外) 858,000円
調節料
こどもの矯正 2,200円
表側矯正 5,500円
裏側矯正 6,600円
マウスピース型矯正治療 2,200円
保定料
装置料 22,000円
観察料 2,200円

ご予約はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

フォレスト歯科こども歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら